mikotoの呟き

小説(◆マーク)とお知らせや近況報告

◆悠仁嫌われ(宿虎っぽいかも)※更新

※大体の大雑把な流れだけです。

※後々直しとか書き足す事もあります。

※私情とかもたまにあります。泣きながら書いてるのでテンポ早いし情緒不安定。

 

 

 

 

 

呪術高専に来る前は普通だった。

だけど宿儺の指を食べたあの時に悠仁は人として、見られなくなってしまった。

 

呪霊に関しては酷い嫌悪感を抱く伏黒。

先輩たちを助ける所までは普通に話せてたし巻き込まないようにと気を使ってくれてたり、とまだ良かった。

だけど呪霊の強さがまだ伏黒には到底倒せなくて苦戦し、悠仁は宿儺の指を食べて呪霊を祓う。

 

そこから伏黒は悠仁を人として見なくなった。

大切な人を呪霊に殺されてしまったのにわざわざ呪物を取り込んだ悠仁に嫌悪感丸出しで睨みつけ、呪霊として殺す。と言われる。

 

そこに五条先生登場。

悠仁が宿儺の指を食べたと知り、「あー…一般人が余計な事をしてくれちゃったね…」と溜息を吐く。

普通ならここで殺す展開だろうけど先生は宿儺に乗っ取られない稀な存在として悠仁高専に連れて行き、上層部から早く殺せと言われたが宿儺の指を全て食わせてから殺せば良いじゃない?と持ちかける。ここは原作通り。

 

そして悠仁の秘匿死刑が決まり悠仁は正式に呪術高専へ。

隣の部屋は伏黒だけどそれは監視の意味。物音を立てると伏黒が壁をドンっ!とするので悠仁自室では息を潜めるように過ごしている。

嫌われても余り気にしない悠仁だったけどあからさまに嫌悪感丸出しの蔑んだ目には慣れてなくて戸惑ってどうしたら良いか分からず大人しくしている。

 

ここまでで伏黒、五条先生と誰も悠仁を歓迎していない。

だけど裡に居る宿儺は違った。

悠仁に取り込まれたあの時に宿儺は「これはまた奇怪な事になったなぁ…またお前に喰われるとはな?」と領域内で悠仁は宿儺と対面。

 

ここは別の世界線で宿儺は悠仁が呪術師として最強になった時の頃から知っているという設定。(宿儺だけ別の世界線で時を遡っただけ)

だからその時に悠仁とは和解(?)しており、嫌われているこの世界線では悠仁の唯一の味方。

 

だから皆から人として見られなくて落ち込む悠仁に「気にする事は無い、人間というのはあんなモノだ。簡単に心を汚す」と悠仁を慰める。スパダリ宿儺さまです。

悠仁の事が大好きな世界線を知ってる宿儺だから五条先生のあの態度や推してた伏黒の悠仁に対する目付きに憤りを感じる。

野薔薇は会った時に微妙な雰囲気を感じ取り、面倒になりたくないとただ傍観しているだけ。見て見ぬふりはツラい。

 

だから宿儺は少年院に送り込まれて特級呪霊と相対し、野薔薇が拐われたのに伏黒は悠仁見捨てて野薔薇探しに行き悠仁が2人の元へ行かせまいと足止めして腕を取られた瞬間悠仁と変わって難なく特級呪霊を祓う。

このまま悠仁の心が壊れる前に連れ去ってしまうか、と伏黒を虐めてから目の前で心臓抉ってお前たちを助ける為にあんな雑魚に腕を取られたコイツの気持ちも知らないくせに人間は本当に愚か者だ。「これがお前たちの望みなのであろう?」とニヤりと笑った。

 

「あ〜ぁ、宿儺の指を見つけてから死刑になって貰おうと思ったのに宿儺の指を取り込んでても所詮はただの人か」と残念がる五条先生にその言葉が聴こえてた宿儺はハァ?俺の小僧がただの人だと?この野郎、罪悪感で死にたくなるまで後悔させてやろうか。と生得領域で悠仁を抱き締めながら五条悟コロス。と固く誓った。

悠仁にお前を連れて逝くのはまだ早かったみたいのようだ。なぁに、お前は強いからな。アレしきの嫌がらせは気にせんで良い良い。辛くなったのならば俺を呼べ、な?とまるきり甘い。

 

宿儺さまのおかげで私の心もなんとか救われた…!

 

生き返った悠仁に周りは更に気味悪がる。

死亡と上に報告してあるから五条先生は「また面倒な事を…もう上に報告しちゃったじゃん」と冷たい声で悠仁を睨む。

ヘラヘラして巫山戯た雰囲気はないから最強の殺気が肌を刺して痛いし怖くて悠仁は何も言えず固まるのにそこで宿儺が「オイ、お前如き呪術師が俺の器に話し掛けるな。今すぐ殺してやるか?」と悠仁の目の下の傷からパチリと目を開けて五条先生を牽制。

 

宿儺が現れてホッとした悠仁

指3本の君には無理じゃない?と侮るように笑う五条先生に宿儺は「ハッ!指の数など関係のない事だ。感謝しろよ、小僧が駄目だと言うから殺さないだけであり小僧が心底望んだその時…お前も、お前の生徒も含めてまとめて殺してやる」と静かな怒りをぶつける。

 

死んでるとされていた2ヶ月間はあの地下室で悠仁は監禁されている。特訓もなければ五条先生が来てくれる事もない、事務的に伊地知さんがご飯を持ってくれるだけ。

なのでその間は宿儺が術式のあれこれを色々教えてくれてたっていう。そして悠仁を甘やかして甘やかして悠仁が自分の存在に安心している事に五条に対しざまぁみろ、と内心で嗤う。

 

だけど呪術師は忙しいし任務はいくつも舞い込んでくる。

呪術師は何人いようと足りないので七海の監視の元、悠仁は任務に当たることになった。

僕は忙しいから君の面倒ばかりなんて見てられないから今回は僕の後輩に君を見てもらうよ。七海の言うことをよく聞くこと。と冷たい声で言われ悠仁は無表情に「はい」と頷いた。

呪術高専に来てから悠仁は笑うことがなくなった。

 

奇妙な五条と悠仁の雰囲気に七海は眉間にシワを寄せる。

大人オブ大人なので悠仁が宿儺を喰おうと差別なんかしません。でも呪術師としてはまだ認めてない。

 

「彼に対するあの態度は何ですか」と批難の声を上げれば五条は「何?七海もしかしてアイツのこと気に入ったの?」と返されて七海ブチ切れます。

最低だ軽薄だなんだのと常日頃から思ってましたが貴方本当にクズですね、特級呪物をその身に宿してようと彼はまだ子供であり貴方の生徒ですよ。子供にあんな顔させるなんて大人としてどうなんですか、後々後悔するのは貴方ですよ。良いですか、忠告しましたからね。と七海は五条先生から視線を外して悠仁の待つ部屋へ。

 

移動中に無表情でただ外の景色を眺める悠仁の横顔を見て子供らしくないその表情に七海激怒です。勿論、五条先生に。

 

任務で倒した呪霊が元は人間だと知り、それが無理矢理変えられてしまった事に悠仁が怒り初めて見せた無表情以外の表情に七海はやはりいい子じゃないですか、と思う。

 

帰りの移動中、途中でパン屋に寄り好きなのを選びなさいとトレーとトングを渡されて悪いから良いよ!と戸惑い断ろうとした悠仁に子供は遠慮しない、と七海は頭を撫でてやった。

すると悠仁は吃驚して七海を見上げる。宿儺以外に初めて頭を撫でられて甘やかされようとされて悠仁は動揺。

だけど自分を優しく見下ろす七海の目に照れくさそうにありがとう、ナナミン!と笑った。

宿儺さま以外の初めての味方がナナミンです。

 

七海は真人と対決し負傷した時、悠仁は順平とお家映画。

楽しい時も束の間、原作通り悲しい事件が起こり順平はクラスメイトを呪う。悠仁が駆け付けて和解、自分が言って順平が呪術高専に入れるか分からないけどこっちに来いよ、と誘おうとしたその時に真人登場。

順平を変形させちゃいます。

信じられない思いで変わってしまった順平を見下ろし、悠仁は宿儺に呼び掛ける。

 

「順平を治してやってくれ、俺はどうなってもいいから」と必死な悠仁に宿儺は残念だがそれは無理だと拒否。

表情を歪める悠仁に宿儺は「俺の力は未だ指3本だ、小僧。お前を治す事が出来ても他人は治せん」許せ小僧、裡の中で寄り添えば悠仁は泣きそうな表情で頭を左右に振った。

 

俺こそごめん、俺は宿儺に頼りっぱなしだな。と力なく笑うと変形に耐え切れず死んでしまった順平を嗤う真人に対し悠仁は殺すという強い気持ちで挑んだ。

君呪術師たちに嫌われてるんでしょ?ならさっさと宿儺に身体渡してこっち来れば?楽になるよ。と更に挑発する。

 

宿儺と変わらそうと魂に触れる真人に宿儺が小僧と俺に触れるなと怒です。そして七海も合流し、共闘しながら真人を追い詰めて窮地に達した真人が七海を引き摺りこんで領域展開を習得する。

七海のピンチに悠仁が宿儺!と呼べば宿儺はふぅ…やれやれ。と言いながらも力を貸します。頼られて凄く嬉しいそうです。

悠仁無事に真人の領域内に入れて七海無事です。魂に触れた罪と俺の小僧を好き勝手痛め付けた罰として真人制裁受ける。

ここでの宿儺さまは悠仁過激派です。モンペです。

 

七海は悠仁に救われたしこの子めっちゃいい子で無表情より笑った顔の方がらしい、と任務は終了したけど悠仁高専で生きている事を皆に知らせるまで傍にいます。

疲れて倒れた悠仁を五条の元に運んだ時も極力五条と二人きりにはさせないように配慮する大人です。

五条先生と二人きりにすると悠仁が何を言われるか分かり切っているので。この時点でもう悠仁を呪術師として認めてます。

 

 

やっと上層部に生きていた、と報告出来た五条は一応生徒となっているので悠仁を交流会に参加させる。

死んだと思っていたのに生きていると分かってやはり皆悠仁を気味悪がって口々にアレコレ言う。皆陰口は言わない、直接本人に言うから悠仁の心にグサグサ刺さるけど宿儺がいてくれるので耐えられる悠仁

 

東堂の相手を任されるが、どうせ直ぐにボロボロにされるだろうから。と捨て駒にされる。

だけど悠仁は持って生まれた高い身体能力と2ヶ月の間に宿儺から色々教わっているので呪力を篭めて戦えてます。そんで東堂のあの質問です。

 

「女のタイプは何だ?」と聞かれて困惑しつつも、タッパのある尻のデカい女…と答え、東堂のマイベストフレンド認定w

そうか、お前とは昔からのマイフレンドだったらしい!!と嬉しそうな東堂に裡に居る宿儺は「(あ。コイツ小僧の味方だな)」と悟ります。

 

なんやかんやあって(原作では真人達が襲撃してますがここでは一旦無視します!)交流会終わって悠仁も1人で任務行ったりするようになります。

いつもどこかしら怪我をして帰ってくるので伏黒たちは弱いから、と決め付けて何とも思ってない。

 

ある日、悠仁と伏黒が2人で任務へ。

役に立たないと伏黒は1人で片付ける気満々だったけど数だけは多くて苦戦。悠仁は真っ先に捕らわれてた人たちを逃がす。

数が多くてあ!と油断して殺られる!と思った伏黒を庇い、悠仁が負傷。驚く伏黒に悠仁は大丈夫か?と困ったように笑う、ごめん、直ぐに退くな。と伏黒の前から退いてまた呪霊を祓う。

よく見てなかったがそこで初めて伏黒は悠仁の戦い方を見る。

あちこち傷を負ってるけどそれは避けきれなかったからではなく、人を庇って出来たものばかりで伏黒は困惑を隠せず動揺。

 

自分を顧みずに人を救って傷付く悠仁に伏黒は人を守っているアイツを俺はどんな目で見ていた?と今までの己の態度に愕然とする。

任務が終わって「伏黒はどこも怪我ないよな?先に戻ってて良いよ」と暗に俺とは居なくないだろうから先に帰って良いよ、と笑う悠仁に伏黒はどう言えば良いのか分からず自分を庇って腹を血に染めた悠仁に「……それ、どうするつもりだ?」と控えめに聞く。

 

そんな事初めて聞かれた悠仁は目を大きく見開いたけど「大丈夫、自分で手当出来るから」と背を向けた。

その一言だけで伏黒はどれだけ悠仁が1人で自分の傷を手当てしてたのか分かって顔を強ばらせた。

 

その時、「その手当は俺がしてやろう」と東堂が登場!

驚く悠仁と伏黒に東堂は悠仁の肩に腕を回し、東堂何でここに居んの?と目を見開くのに「よう、マイフレンド!手当してから俺の用事に付き合ってくれ」と悠仁の背を押す。多分だけど握手会に行くのだと思います。

立ち尽くす伏黒に「俺といるから少し遅くなるとそっちの担任に言っといてくれよ」と一瞥してから東堂悠仁を連れて消えます。

 

交流会の後から東堂はよく頻繁に悠仁に会いに来てくれます。

自称マイベストフレンドなので!任務でいっぱい稼いでるだろうから遠慮なく新幹線で来てくれる男の中の漢です。

伏黒はこの時に何故東堂で俺じゃないのか?って後悔します。

 

悠仁は未熟な呪力を100%にしてくれようと師匠みたいに教えてくれる東堂に感謝しています。元より人と話すのが好きな悠仁は東堂の前で屈託なく笑う事が出来た。

だから東堂が京都に帰る新幹線で見送る時、僅かに寂しいと感じるのに東堂がまた来る、と悠仁の頭を撫でて帰ります。

なんかお兄ちゃんっぽいな、と悠仁は笑いますが東堂が凄くカッコイイです。

 

東堂を見送り高専に戻ってきた悠仁を伏黒は待っていた。

不安そうにどうした?って聞くと伏黒は「一発思い切り殴ってくれ」と頼む。

え?!と驚く悠仁に今までの態度に対して謝り、到底許されない事を言ってきた、だから許してくれとは言わない。一発殴れと真剣に頼みます。

もう謝ってくれたし良いよ、と困惑する悠仁に俺が気が済まねぇから早く殴れ!と何故か逆ギレ。

やるしかないか、と悠仁は拳を握って思い切り伏黒の横っ面をぶん殴る。ゴリラ並の腕力の悠仁に伏黒ぶっ飛んで悠仁慌てて駆け寄る。

 

大丈夫か?!!と抱き起こすと伏黒は痛む頬を気にせず真っ直ぐ悠仁を見つめてごめん、と謝ります。

何度も謝る伏黒に悠仁は仕方なさそうに「伏黒って案外頑固なのな、知らなかった」と笑う。

伏黒は悠仁の肩にトンと顔を埋めると「ケジメだ」と一言。

だけど内心では「(俺だってお前がそんな風に笑うなんて知らなかった…)」と泣きそうになるのをグッと堪えていた。

人として絶対やってはいけない所まで行く所だった、と己を責めまくる。

 

「虎杖、俺はまだ間に合うか…?」と聞く伏黒になんの事か知らない悠仁はだけど「間に合うよ、だって俺らは生きてるじゃん」と伏黒の背中をぎこちなく撫でます。

その言葉で伏黒はまだ間に合う、と決意を固めた。

 

「ごめん」

「もう良いって。頑固だなぁ」

 

伏黒、やっと悠仁の味方になりました…!!!

 

 

 

それから伏黒は悠仁に対しての態度が今までと一変して変わった。一緒に教室に行きますし食堂にも誘うようになります。

1人に慣れつつあったからまだ戸惑う悠仁だったけど照れたように笑うのでそれだけで伏黒は自責の念に胸を痛ませるけどこれからは俺が虎杖を守っていこう、と俄然燃えてます。(東堂にヤキモチかな)

 

野薔薇たちが何でアイツと一緒に居んの?と聞かれるのに「俺が間違っていた」と自分の非を認めます。

意味が分からないと訝し気な表情に伏黒は無表情で「分からないなら分からないで良い。俺はもう虎杖を否定しない」とアイツの事は俺が分かっている。だから俺はアイツを固定する。となんか危ない方に向かいそうな伏黒です。

 

宿儺さまは「今更心を改めても小僧に付けた傷は大きいぞ、努努忘れるな」とまだちょっぴり怒です。

重い面持ちで伏黒は分かっている、同じ誤ちは犯さない。と宿儺のお叱りをきっちり聞きます。それに宿儺はならば良い、と満足気に笑うので悠仁は宿儺って伏黒の事気に入ってんの?と首を傾げる。

前の世界線では伏黒推しだったのでそれをちょっと引きずってる宿儺ちょっとだけ伏黒に甘いです。それに少年院の時に結構虐めたから。

宿儺は聞かれて2番目にな。と答えます。

呪いの王に気に入られていると知って伏黒は戦きますが大して気にしてない悠仁はへー、じゃあ1番は誰なの?と不思議そうにするので宿儺は何を分かり切った事を…お前に決まってるだろう。と口説いてるようにしか聞こえないです。

キョトンと目を見開いた悠仁は次の瞬間「えへへ、俺も宿儺のこと大好きだよ!」と笑うので宿儺さま悶絶。俺の小僧かわいいだろう!!と眼をカッ開く。

悠仁の笑顔に伏黒もあれ、コイツこんなに可愛かったのか??と今まで知らなかった事にショックを受けます。

 

 

五条先生から「恵、最近虎杖とよく一緒に居るね?」そこまで頑張って監視しなくて良いよ〜疲れるでしょ。と言われて前の自分も虎杖に対してこうだったのか、と自分自身にそして五条に怒りを覚えます。

監視じゃないです、虎杖は仲間だ。俺がアイツと一緒に居たいから居るだけです。と五条を睨み付ける。

 

呆れたものばかりで尊敬される視線をめっきり感じなくなってきたが強い怒りを感じさせる伏黒の視線に五条先生はびっくり。え、恵まで??七海も虎杖を可愛がってたけど、意味分かんない。と首を傾げる。

 

分からないなら別に良いです。アンタにどうこう言ってもどうしょうもないですから。と伏黒は冷たい目で五条の横を通り過ぎた。

 

 

 

「ねぇ、一体どんな手を使って七海や恵を落としたの?」

 

無機質なひやりとした声音に悠仁は目を見開いて五条を見返した。落とす…とは一体何の事だろうか?困惑した表情で何も答えられない悠仁に五条はゆったりと近付く。
ゆったりとした歩みなのに漂う異様な空気に悠仁は無意識に後退りその分五条が迫ってきて背中が壁に付いた。

逃げ場が無くなって視線を揺らす悠仁を見下ろして五条は何惚けてんの?この身体で落としたンでしょ…?と悠仁の心臓の上にトンと指を突く。

 

その言葉に悠仁は唖然とする。
まさか、身体を使って七海たちに媚を売ったと思われてるのだろうか。五条を見上げると目隠しで見えないもののその視線が冷たい事が分かり悠仁はそう思われてるのだと確信するのと同時に鈍器で頭を殴られたような衝撃を受けた。

そんな、事…する訳ない…と震える声で紡げばハッと鼻で笑った五条にどうだか…だってあのクソ真面目で堅物なあの七海が簡単に心を開くとは思えない。恵だってあんなに嫌悪してたのに…どんな手を使ったか教えてよ、と見下ろせば悠仁は傷付いた表情で体をカタカタ震わせていた。

 

「契闊」

 

何も答えない悠仁に本来短期の五条が苛立ち手首を掴もうとしたその瞬間、悠仁とは違う低めの声がその場に響いた。
五条はスっと後退り悠仁を見ればさっきまで怯えていた表情から一変、憎悪に顔を歪めた悠仁…宿儺が五条を睨み付けていた。

人間は真に愚か者だな、小僧を愚弄するということはこの俺を愚弄するのと同じ。貴様…覚悟して居ろうな?とギロりと睨み付ければ宿儺の呪力により窓ガラスや壁がピシピシッ…と音を立ててひび割れていく。

宿儺まで手玉にとるなんて、本当どうやったンだか…。と零す五条にピキリ、と宿儺の怒りがプチと切れます。


力はあっても所詮は人間。それも反吐が出る程腐った人間。お前もお前が忌々しく思っている上の人間共と同類だな、呪術師。バキッ、バリンッ!!と辺りの窓ガラスが割れ怒りの余り逆にケヒケヒッと笑いが込み上げてきて嗤う宿儺に五条は上層部と同じように見られて一瞬ピリつく。
 
騒ぎを聞き付けた伏黒や他の者が何事だ?!!と駆け付けたのに気付いて宿儺は五条をギロりと睨み付け今回はこれだけで済ます、次は容赦せん。と背を向け宿儺…?!と驚く伏黒に小僧を頼んだぞ、呉々もあの忌々しい呪術師と小僧を二人きりにさせるな、と伝えるとフッと悠仁の裡に戻った。
宿儺が戻ると悠仁はフラついて膝を着きそうになったが瞬時に伏黒が支えた。
重っ!と内心思った伏黒だったけど根性で耐えてガラスが散らばった廊下に立つ五条を見返して何も言わずに悠仁を抱えてその場を後にする。

 

それから悠仁は五条と二人きりで話す事はなくなった。

任務の報告も事務的に淡々と報告するだけでその間、悠仁の傍には伏黒が居たり宿儺が出現していたりします。

絶対に先生と二人きりにはさせません。(なんか1番の悪役が先生になってて泣きそう…)

 

めっきり笑う事もなくなりまるで人形のような表情に宿儺さまと伏黒は危機感を覚えます。

ただ時折来てくれる東堂と遊んでる時はふと笑う事があるのでちょっとホッとしている。

様子を見に来てくれる七海も前より表情が乏しくなった悠仁に驚き、五条に詰め寄りますが五条はヒラヒラと七海から逃げる。

 

そんな危うくなっている悠仁の所に任務が舞い込みます。

本来ならば1年で赴く筈の任務でしたが運が悪い事に伏黒だけ別の任務に当たる事になった。

だから今回は伏黒を抜いた野薔薇と二人だけの任務に行くことになり、悠仁は若干不安そうに表情を曇らせる。

野薔薇と二人きりなのが不安なんかじゃなく、宿儺の気配に惹かれて挑む呪霊の階級が高くなるかもしれないのでそうすると自ずと野薔薇が危険な目に合うのが不安だった。

 

伏黒が居たならば以前の少年院の時のように野薔薇をフォローしてくれるだろうけど今回はその頼りの伏黒が不在。

不安な気持ちのまま悠仁は野薔薇と任務へと赴いた。

 

そして案の定、宿儺の気配に惹かれた一級並の呪霊が現れて苦戦。悠仁は宿儺のおかげで息を乱す事はないが野薔薇はそうじゃなかった。

体力的にも接近戦にも向いてなかった野薔薇は弱った所を狙われてるも悠仁が庇う。驚いた野薔薇が一瞬気を緩めてしまったのがいけなく、悠仁が叫ぶよりも早く野薔薇は別の呪霊の攻撃に当たり、気を失う。

頼りにし過ぎるのは嫌だったけれど野薔薇が動けない今、何の攻撃を食らったか分からないので早めに診せた方が良いと思った悠仁は宿儺を呼ぶ。

 

契闊、その一言が響き瞬く間に悠仁と野薔薇を囲っていた辺りの呪霊たちは消え失せた。

造作もない。と酷薄な笑みを浮かべ飛び散った血肉を一瞥して宿儺は小僧、終わったぞ。と柔らかい声で悠仁と入れ替わった。

 

「ありがとう、宿儺」

 

凄く助かった。と礼を言う悠仁に遊びにもならんかったわ、と鼻を鳴らした。それに笑って悠仁は気を失ったままの野薔薇を抱き上げて帳を解いて高専へと戻った。

 

高専に戻ると真希たちと鉢合わせ。

気絶してる野薔薇を見て真希が悠仁に野薔薇に何をした?と睨み付けます。

任務で呪霊の攻撃が当たったと言えば真希は悠仁から野薔薇を奪い、何の為にテメェが居るんだ。汚れた手で野薔薇に触んなと吐き捨ててその場に悠仁を置いて立ち去る。

 

汚れた手……と確かに自分の血や呪霊を祓った際に両手は赤く染まって汚れていた。だけど、真希が言っていたのはそうじゃないと悠仁は理解していた。

ズキリ、と心臓の奥が鈍く痛みどこかでパキッ…と小さく響いた音が聞こえた。

 

自室に戻ろうとした時、支給された携帯が通知を知らせる。

携帯を開くとそこには東堂からのメールで近々東京に行く、との連絡だった。 

つい先週来てくれたばかりなのに、と悠仁はふ…と小さく笑みを零した。すると後ろから声が掛けられる。

 

「仲間が傷付いたのに何笑ってるの」

 

五条だった。

びくり、と肩を震わせて悠仁は後ろを振り返れば全身真っ黒な五条が薄暗い廊下の中に異質に立っていた。

野薔薇が気を失っているのに不謹慎じゃないの?とひやりと言われ、そんなつもりはない!と悠仁は否定したが五条の纏う空気がチリチリッと怒気を纏っているのに悠仁は息を飲むしか出来なかった。

 

動けず固まってしまった悠仁だったが五条の次の言葉によって怒りに身体が動いていた。

「君の祖父は一体何を教えてきたのやら…」と嘆息混じりに言われて悠仁は目の前が真っ赤に染まると同時に五条に向かって拳を振りかぶっていた。

けど無限で守られた五条には届かず顔の前で悠仁の手は止まっていた。その目は怒りに満ちていて五条を睨み付ける。

 

「じぃちゃんを悪く言うな…!!」

 

拳が届いた瞬間に噛み付かれる勢いの悠仁を冷ややかに見下ろして五条は担任に向かって手を上げるのは生徒のやる事じゃないよ、と悠仁の握り締められた拳をピンッと弾けば悠仁は勢いよく背中から壁に押し付けられて突撃した。

痛みに顔を歪めた悠仁を一瞥して今回はこれくらいで許してあげる、と五条は立ち去った。

 

ずるずる…と壁に添って悠仁は座り込み泣きそうになるのを我慢して顔を覆った。またどこかでピシッ…とひび割れる音が聴こえた。

 

『何の為にテメェが居るんだ』と真希に言われてから悠仁の戦い方が更に危うくなった。

まるで自分が死んでも構わないと自ら盾となり、傷付く事も厭わないで前に出る。

だから助けた人達が傷一つ、汚れ一つない中で悠仁だけは何処も彼処も傷だらけで血に汚れていた。

 

伏黒がそんな悠仁を見て表情を歪める。

お前、何があった?と聞いても悠仁は引きつった無理矢理感な笑みを浮かべて何でもない、と応える。

どうみても何かあったのに、何も言わないのならと伏黒は何も言わず悠仁の肩をポンと叩いた。

 

人形のように言われた事だけをして過ごしていた悠仁を狙い、真人たちが襲撃してくる。

死者はいないものの、重症を負ったものが大勢いて戦場を引き下がり五条らが前に出る。

 

狙いは俺だからと悠仁も前線に出ようとしたが五条が君も下がってろ、と口を荒くする。

何で!狙いは俺なのに…?!と目を見開く悠仁に君があっちに奪われたらこっちの負け、邪魔だから下がれと睨み付けると悠仁は唖然とした。

 

俺って邪魔だったの…?と立ち尽くす悠仁を伏黒が引っ張って前線を離脱。

 

真人たちが悠仁を奪えず退散していくと悠仁は伏黒の部屋に休まされていた。また真人たちが来るときの見張りといっているが単に伏黒が悠仁を1人にさせたくなかったからだ。

 

悠仁を部屋に一旦置いて伏黒は食べ物を持ってくる為にそこにはいなかった。そこを狙って五条先生が伏黒の部屋に入ってきて「また厄介な事になったよ」と隠しもせずイラついた声音でベッドに腰を掛ける悠仁を冷たく見下ろす。

 

今回の件で五条先生は上層部からまたアレこれと煩く文句を言われたからそれでイラついていた。

なんで恵の部屋にいるの?昨日は誰の部屋?と嫌な笑みを浮かべる五条に悠仁は顔を歪めて「何でそんなに俺に突っかかるんですか、嫌なら俺のことは無視して下さい、伏黒は何も関係ない…!」と叫ぶ。

 

突っかかる?僕は大事な生徒が惑わされてないか心配してるだけだから。

 

娼婦紛いな事をしているとまだ疑われていると知って悠仁は驚きに五条を見上げた。大きく目を見開くその目の淵に涙が盛り上がって留まれずつぅ…と頬に零れ落ちた。

バリンッ…!と割れる音がどこか遠くに聴こえた。

 

嫌われていると実感していた。だけど一応は生徒と思われていたと思っていたのに、それを否定された。

五条はハッキリと伏黒の事だけを心配してると口にしていた。俺は五条先生の生徒じゃない…なら、此処に居る意味は?と思った瞬間悠仁の口は開いていた。

 

 

「俺が邪魔なら、さっさと殺せば良かったんだ…」

 

は?と聞き返す五条をガラスのように何も篭ってない目で真っ直ぐ見つめて悠仁は続けた。

 

「…五条さんが厄介なことになったのは俺の所為なんですよね、なら俺が宿儺の指を食べたあの時に処刑するべきだった。そしたら俺は…、」

 

じぃちゃんの所に行けたのに…!!!と叫んだ悠仁に五条はハッとした。

俺は1人だから悲しむ人もいない、それだったらあの時に殺してくれれば良かったんだ、と口にする悠仁に五条の空気が変わった。

 

そこへ、伏黒が食料を乗せたトレーを持って戻ってくる。

対峙する2人を見て慌てる伏黒。抜け落ちた表情で涙を流す悠仁を見て目を釣り上げると、この馬鹿!!虎杖に近付かないでください!と怒鳴り五条を部屋から追い出した。

 

 

後始末を伊地知に投げてつけて五条は自室に戻るとボンヤリと上着を脱いでソファーに投げる。

悠仁との会話を思い出すと、目隠しを取ってグシャグシャに髪を掻き乱した。

 

僕は大馬鹿だ。
僕は虎杖に……悠仁に言わせてはいけない言葉を言わせてしまった。
祖父を亡くしてまだ日は浅いのに、悠仁はもう1人になってしまったのに…頼れる大人は彼を引き受けた僕だけだったのにその頼れる筈の大人にズタズタに傷付けられて平気な筈がない。
悠仁はまだ15歳の子供で加護するべき者だって事を忘れてはならなかったのに、最低な事をしてしまった。

五条は唖然と己の言動を返りみて腹からせり上がる吐き気に我慢出来ずその場に膝を付いて嘔吐した。

無感動な表情で涙を零した悠仁の顔が頭から離れなくて五条は今すぐ心臓にナイフを突き立てたかった。

 

何故あんなに攻撃な言葉ばかり言ってたのか、五条は己の事が信じられなかった。思い返せば思い返す程、悠仁に酷いことばかり言っていた。

 

笑った表情も、思えば1度も見たことがなかった。

 

七海が忠告していたのに、聞かなかった。

間違っていたのは僕で、悠仁は何一つ間違っていなかった。命を賭して呪いを祓っていると聞いていた。悠仁が誰かを傷付けたという報告は何もなかった。何もしてないのに僕らは一方的に悠仁を同じ人間とは思わず呪いとして扱い肩身の狭い思いをずっとさせていた。

 

けどそれが間違いだって事を七海は最初から分かっていた。伏黒は途中から気付いて必死に僕から守っていた…。

僕は一体、何を……。と五条は後悔の波に崩れ落ちる。

 

若人から青春を奪うことは許されないと宣いながら、悠仁に命を捨てさせようとしてしまった。言わせてしまった。

 

まるで心臓をズタズタに引き裂かれその傷口から血が垂れ流れるような痛みに五条は顔を歪めたが悠仁の痛みはこんなもんじゃなかった筈だ、と冷や汗が止まらず五条は強く握り締めた両手が爪で抉られて血に染まっても気付かず茫然とした。

 

 

 

伊地知が五条と連絡取れなくなってから三日三晩が経った。

やっと伊地知の携帯に五条からの連絡が入り安堵した伊地知はこの3日一体どこに居たのか、と聞こうとしたが伊地知が口を開くよりも早く覇気のない声で五条が先に口を開く。

 

「……悠仁は?」

 

は?と伊地知は思わず間抜けな声を漏らしてしまう。

今まで五条が悠仁の事を伊地知に聞いた事は1度もなかった。それに名前も、苗字だったから急な事に伊地知は動転する。五条は悠仁を忌み嫌っていたのではなかったか…??と伊地知は動揺しながらも悠仁は寮で大人しくしていますよ、と書類上の保護者である五条に報告する。

 

そう…、と力のない返事に伊地知は不審がる。

具合悪いのですか?と聞いたらそうじゃない、と応えが返ってくる。じゃあ今回連絡したのは…と思案してた伊地知に五条が、

 

「暫し悠仁に仕事はわりあてないで。僕の方にも本当に危険な仕事以外は電話して来んなよ」

 

と一方的に言って電話を切ってしまったのだ。

伊地知はは?!え?!五条さ…五条さん?!!っと意味分かりませんと電話を折り返すがスマホは留守電の音声案内が鳴り響くばかりだった。

 

悠仁だけならまだしも、五条にも仕事を入れるなとはどういう事だろうか、何かよからぬ事をしょうとしてる訳じゃないだろうな、と日頃から五条に振り回されている伊地知は危惧するがこれで五条の家まで押し掛けたらマジビンタの10回往復で済まされないのは分かっているのでどんな無理難題でも自分が何とかするしかない。伊地知は目頭が熱くなるのを感じて頭を振った。

苦労人な伊地知さん、ホント休んで欲しいです()

 

一方的に伊地知に仕事の依頼ストップを掛けた五条はスマホの電源を切ってしまうと部屋を出た。

そしてその足で悠仁の元まで移動したのだ。

ベッドに座って大人しくしていた悠仁は五条のいきなりの来訪に顔を強ばら、肩を跳ねさせた。しかしその顔に表情はなく氷のように冷たい。

 

「…悠、仁…」

 

それが今までの自分の言動によるものだと自覚した五条は目隠しを取って悠仁に近付いて行く。

近付いて行くと悠仁の体が小刻みに震えているのが目に見えて五条は自分を殺したかった。僕は一体悠仁をどうしたかったのか、考えても分からなかった。

 

今分かっているのはこのままだと悠仁の中で自分の存在が失われてしまう事だけだ。それだけは何としてでも阻止しなければならない、身勝手だと分かっているけど…何もしない訳にはいかないのだ。

 

悠仁、ごめんね…」

 

目の前に立ち止まって五条が悲痛な声で謝る。

五条から聞こえた自分の名前に悠仁が顔を上げると五条が澄んだその目からポロポロと涙を零していた。

 

それを唖然と見上げていると五条が手を伸ばす。ビクッと震えて後ずさろうとした悠仁だったが五条の腕の長さにあっという間に捕らわれて悠仁は恐怖にガタガタと震えた。

 

「…は、離せ…!!」

 

今度は何を言われるのだろうか、心は既にズタズタなのにこれ以上何を壊すというのか、裡の宿儺が出ようとするが封じの術式が発動されているのか宿儺は表に出られずギリィと奥歯を噛む。

小僧に何かをしたら殺す…!!低い声音で宿儺は五条に対し呪詛を吐いたがそれは宿儺を裡に宿す悠仁にしか聞こえていない。

 

きゅっと目を閉じて宿儺…!!と頭で叫ぶと同時に一瞬の浮遊感に襲われ何が起こった?と悠仁は恐る恐る目を開いた。

目の前に広がる景色は見知らぬものだった。

 

殺風景な白い部屋……。

 

悠仁…」

 

ビクッと悠仁は震えて未だにキツく体に腕を回す五条から逃げようとジタバタするが流石は最強、悠仁でさえその力に叶わず逃げようと藻掻く分だけ腕の力が強まる。

 

「いやだ…離せ、離せってば…宿儺…!」

 

いやいやと頭を振って腕から抜け出そうとしても五条は絶対に離さない。ぎゅうと悠仁を腕のなかに収めて後ろにあるベッドにそのまま腰を掛けて抵抗し藻掻く悠仁の肩に額を乗せた。

必然と悠仁は五条の膝に乗る形となるのだけど悠仁はそんなのに構ってられる程余裕はない。

 

「ここどこっ!!帰せよ…っ!」

 

お腹に回ってある腕をカリカリ爪を立てて引き離そうとする悠仁の表情は泣きそうに歪んでいる。何でこんなことになっているのか全く分からないのだ。

 

「ごめん、悠仁…」

 

許してなんて言わないから…今は傍に居て。そう、小さく五条は零した。腕に爪を立てられて蚯蚓脹れになって血が滲んでいるけれどそんな痛み悠仁が受けた痛みに比べればどうってことない。それはいつか治るものだ、けれど精神的な痛みは時によって治るものじゃないし一生心の傷となってトラウマになる。

 

爪を立てるだけじゃ物足りないくらいだ…。

さっきから謝ってばかりの五条に何か可笑しいと気付いた悠仁は訝し気な表情をしてピタリと抵抗を止めた。

そろ…と右肩に埋れている白髪を見下ろすと微動だにせずそこにいる。そして更に気付いた…右肩が濡れている。

 

さっきもボロボロ泣いていたのを思い出して悠仁は五条が今も尚涙を零していた事に気付いて困惑した。

 

一体、何を泣いているんだろうと抵抗を忘れて悠仁は五条を気にかける。例え酷く傷付けられても悠仁は人が心を痛めていると放っておけない質なのだ。悠仁は底なしに優しいから。

 

悠仁…本当にごめんね…」

 

弱々しい声に悠仁は居心地悪そうにする。

…何で泣いてんの?宿儺が出て来れないのって五条さん何かしたの…?と聞けば五条は素直に「…僕の愚かさに嫌気さしてる。ちょっと術を施したから宿儺は暫く出て来れないよ」と答えた。

 

宿儺が出て来れないと知ると悠仁は体を固くさせたが腕に抱いてる五条は固まる体に気付いて顔を暗くさせます。

 

「…大丈夫、もう何もしないから…」

 

宿儺に守って貰う必要はないよ、僕は何もしないから。大丈夫だから。と五条は悠仁をキツく抱き締めて繰り返し大丈夫だと悠仁に言い含めるけどそう簡単に信じられる訳じゃないし心のどこかで何か裏があるんじゃないか、と勘繰っちゃう悠仁は簡単に人を信用出来なくなってます。これも先生の所為(泣)

 

それからはというと、先生は3週間も伊地知さんすら知らない先生の隠し部屋で悠仁と暮らします。というか若干情緒不安定になった先生が知らない間にまた悠仁を傷付けるのを恐れて悠仁から片時も離れません。

文字通りずっと腕に悠仁を抱き締めたまま1日を過ごします。流石にトイレやお風呂の時は離すけどそれでもドアの外で悠仁が出てくるのを待ってるものだから悠仁は怖がるよりもこの人大丈夫…?って心配しちゃいます。根は優しい子なので。

 

悠仁を膝に乗せてご飯を食べさせたり見もしないのに悠仁の為にTV点けてバラエティー番組や映画を流してその肩に顔をずっと埋めるのがデフォになりつつ先生。

最初こそ自分で出来る、1人でやる、離れて。と言ってた悠仁だけど頑なに首を振る五条にもう何も言わなくなって好きにさせている。宿儺がまだ出て来ないのが不安だったがこれと言って酷い事は言われてないしされてないのでちょっと落ち着きつつある悠仁です。

先生の狙いは自分の存在を悠仁の中に刷り込む事だから計画通り進んじゃってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄くツラいけどもうちょっと続きます…( :; ´ཫ`)

※ちょいちょい更新されます(書き足されたりとか)