mikotoの呟き

美琴の小説、日記やお知らせ置き場*^^*

◆逃走不可能(現パロ高土♀)

※大学生の土方さんと訳有り高杉さん

※土方さんが若干ヤンデレ風で束縛酷いです。

※土方さんの母親というオリキャラが出てきます。

キャラ崩壊激しいので苦手な方は回れ右でお願いします。

 

 

 

 

 

 

冬が過ぎ、春が来て蕾が開いて桜が咲き、何日もすれば儚く散って暖かな日が続いたと思ったらあっという間に梅雨が訪れた。

忙しない季節の変わりように人々は馴れたように日々思うがままに送っている。

 

曇り空から雨が降り注ぎ、土方の紺緑色の傘を絶え間なく濡らした。

季節が梅雨に入ってから今朝見た天気予報は来週までずっと雨のマークだった。

 

雨が嫌いって訳ではないのだけどこうも毎日雨だと気分が上がらず鬱になるというものだ。

部活の剣道も3年になって引退したから暇なのだ。受験の勉強も毎日と言って良い程にしてるからこれといって焦る必要もなかった。

学校に忘れ物をして面倒だったがわざわざ取りに行った帰り道、道行く所で雨に濡れる紫陽花を目にしながら雨の飛沫で湿った冷えた肩を乾かしたくて早く帰ろうと近道を通る。

 

日の当たらない民家のほの暗い路地裏や細道を迷いもなく進んでいた土方はピタッとうごきを止めた。

ごみ箱の方から足が見えた気がしたのだ。

 

もし死体だから警察に電話しないと、とポケットから携帯電話を取り出しつつそれに近付く。

ごみ箱の陰で見えなかったそれが見える位置まで近付いてった土方は息を止めた。

 

死体ではなかった。

 

死体ではなかった事に内心ホッとしつつ土方は気絶してるのか近付いてもピクリとも反応を示さない死体と勘違いした男を、見下ろした。

紫紺の髪が雨に濡れて肌に貼り付いていた。鼻筋は高く、薄い唇が雨で何故か色っぽく見えた。目は閉じられてて何色か分からないが綺麗な瞳である事は土方には分かった。

倒れている男は、女の土方でも目を奪う程に綺麗な顔をした男だった。

 

暴力沙汰に巻き込まれたのか綺麗と思った顔に所々かすり傷があって血が滲んで痛そうだ。

 

着ている上衣もナイフがかすった後のようなものがあってボロボロだ。一目見て関わったらろくな事が起きないと分かってはいたが土方はその男の腕を引っ張った。

 

剣道で鍛えていても女の土方では成人男性を簡単に抱えられる訳ではないから持ち上げるのに苦労したが時間を掛けて何とか自分の肩に腕を回させると男の背中に腕を回して一歩踏み出す。

傘は邪魔だから畳んでしまった。あんなに早く冷えた体を温めたかったのに雨を遮るものがなくなって土方の体を遠慮なく冷やした。

いつからここで倒れていたのか男の体の方がもっと冷えていて早く手当てしてやりたくて急ぎ帰宅しょうと重い体を背負って土方は服が水分を含んで二人分の重さに何度も転びそうになりながらも足を止めなかった。

 

警察に通報すれば早かったと分かってるが通報するつもりはこれっぽちもなくなった。

 

土方は、この男が欲しくなってしまった。

 

 

 

 ***

 

「ただいま」

 

半ば男を引き摺るようにして帰宅し、玄関のドアを開けて中に入ると暖かくて冷やされた体が少し温まった気がした。

 

「十四乃おかえりなさい~」

「おかえ…り…?!!」

 

傘を一先ず傘立てに立てると奥からパタパタとスリッパの足跡が聞こえると母と兄が出迎えてくれた。

けれど母の後から来た兄の為五郎が言葉の途中でずぶ濡れの土方が背負ってるこれまた凍えてそうなずぶ濡れの男を見て言葉に詰まって驚いた。母もあら、と口元を手で押さえながら目を見開いている。

 

そんな家族を意に返さず土方はよいしょっ、とずり落ちる男の腕を抱え直しながら二人に聞いた。

 

「母さん、兄さん。お風呂沸いてる?」

 

それは見当違いな発言だったがどこかずれてる土方家は直ぐに可笑しいこの状況から立ち直って母が直ぐに沸かせるわよ~と微笑み、為五郎がお前もずぶ濡れで冷えてるだろうしその人は俺が風呂に入れてくるからお前は先ず体を拭いて着替えて来なさい、と男を受け取った。

 

土方も為五郎の言うことを素直に聞いて頷き男を為五郎に任せて2階の奥にある自分の部屋へと上がった。

 

男をお風呂に入れ終えて為五郎の服を着替えさせると素性も知れないのに女の土方の部屋へと寝かせた。

男勝りな所のある土方であったがこれでもお年頃の女であるのにも関わらず為五郎も母も、疑問に思うこともなく運んだのだ。

土方本人の希望もあったというのもあるが誰も止めなかったのである。今ここに一般常識を唱える者は、いなかった。

 

土方もお風呂を済ませてベットに眠る男の傍に座りつつ見下ろしながら母が持って来てくれたホットレモンにマヨネーズを乗せる。

 下が見えなくなるまでマヨネーズを搾ると一口飲んでホッと息を付く。

お風呂に入って体の内側からも温めるとやはり違う。

 

「綺麗な顔の人ね」

 

いつまでも男から視線を外さない娘に母がにっこり微笑む。それにやっと男から視線を外して座ったまま母を見上げて土方は切り出した。

 

「母さん。俺この男が欲しい。自分のモノにして良いか?」

 

土方は良いかと聞いているが、その目は固く決意を固めているのか拒否されても簡単に諦めそうになかった。何がなんでも男をここに置いとくと目が物語っていた。

普通の親ならどこの馬の骨かもしれない素性の知れない男を愛娘の傍に置くなんて了承しない。けれど土方の母は、

 

「良いわよ」

 

と、笑顔で迷うことなく頷いた。

土方も随分とあっさりしたその返事に呆れる訳でもなく嬉しそうに笑ってありがとう!と喜んだ。

滅多に甘えずおねだりもしない愛娘の珍しいお願いを親として断る訳がなかった。

 

後から為五郎にも一応とばかりに聞くが土方は為五郎も否とは言わないだろうと確信していて今はまだ眠っている男が自分の手元に置けるのに微笑んだ。

 

 

 

 

 続